(freeangle / PIXTA)

今回の法改正では居住権とともに、配偶者の権利が拡大する法律がもう一つできた。贈与に関する法律だ。

対象は結婚の期間が20年以上の夫婦だ。生前に贈与、または遺贈(死亡時に贈与)された家は、遺産分割の対象から外れる。

下図を基に例を見てみよう。亡くなった夫の遺産が、8000万円の自宅と4000万円の預貯金だったと仮定。法定相続分により、妻は2分の1の6000万円、長男と二男はそれぞれ4分の1の3000万円を受け取れる。