(monogocoro* / PIXTA)

三菱UFJフィナンシャル・グループ(FG)0.57倍、三井住友FG0.59倍、みずほFG0.54倍──。これは各社のPBR(株価純資産倍率)だ(下図、9月18日終値)。PBRが1倍割れというのは、会社を解散し、純資産を株主に分配したほうが得であることを意味する。

三井住友FGの太田純副社長(グループCFO〈最高財務責任者〉)は「投資家は多くの日本企業の株価が割安だとわかっている。7月の日本銀行の政策変更も投資家に評価されているが、銀行株を買う直接の材料になっていない」と話す。

割安なのは、銀行の事業環境は厳しく、成長性への疑問があるからだろう。2013年以降の日銀の異次元緩和政策で、メガバンクの収益は急速に悪化。7月に日銀は長期金利の変動幅拡大を認め、利ザヤもようやく底入れの兆しが出始めたが、銀行収益を回復させるにはまだまだ力不足だ。