週刊東洋経済 2018年9/29号
書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

「中長期の採算性を度外視した低金利貸出を拡大している」「実現可能性のある収益計画を策定していない」──。今年7月に金融庁が発表した「地域銀行モニタリング結果とりまとめ」は、今の地方銀行が抱える課題をあらためて厳しく指摘するものだった(記事下表)。

異例の3年を務めた森信親・前金融庁長官は、「横並びの量的拡大競争には限界がきている」と強調してきたが、現実には、多くの地銀が従来の手法から脱却できないでいる。一方、個人ローンに特化する事業に舵を切り、別格とされてきたスルガ銀行の実態は不正まみれだった(→関連記事へ)。

慢性ストレスに加え急性ショックで苦境に

長らく続く貸出金利の低下から、銀行収益の中核である資金利益(預金・貸し出し、有価証券利息などの収支)は右肩下がりだ。日本銀行は地域金融機関の収益を下押しする要因を「慢性ストレス」と名付け、全国ほぼすべてのエリアで起きている人口と企業数の継続的な減少を挙げている。今後もこの二つのストレスが消えることはなく、銀行にとって厳しい事業環境は続く。

アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP