ローソンは現在、全国に1万3000台のATMを設置している

コンビニ大手のローソンは9月10日、「ローソン銀行」の事業説明会を実施し、顧客向けサービスの営業を10月15日から開始すると発表した。

同行は当面の間、従来のATM事業(提携金融機関は利用件数に応じた手数料をローソン銀行に払う)のほか、預金口座(普通・定期)やインターネットバンキングサービスなどを展開する。2019年1月からは個人向けクレジットカードを発行する計画だ。買い物時のおつりを自動で貯める「おつり預金」や小口投資信託など資産形成サービスも視野に入れている。

キャッシュレス決済の事業化も欠かせない。新生銀行出身の山下雅史ローソン銀行社長は、「現状はプリペイドカードや電子マネーなどの仕組みが乱立している。ローソンが90を超える金融機関と提携し、新しい決済の仕組みを提供する」と言う。

ローソン銀行は、年500万人の利用者を想定し、開業から3年以内の単年度黒字化を目指す。だがこの新銀行を取り巻く環境は厳しい。