住宅の屋根に設置された太陽光発電設備で、火災事故が相次いでいる。

「メーカーの点検で何も問題が見つからなかったので、まさかわが家で火事が起こるとは思いも寄らなかった。家財に被害がなかったことが不幸中の幸いだった」。川崎市に住む50代の男性は、2年5カ月前の出来事を今も鮮明に覚えている。

2016年の4月11日午前11時30分すぎ、男性宅の屋根から煙が上がっているのを、通りかかった人が見つけて消防に通報した。このとき、男性宅には誰もいなかったが、消防隊員による消火活動が功を奏し、被害は屋根の一部を焼くにとどまった(上写真)。

この男性宅に限らず、太陽光パネルに起因する火災の報告が目立っている。消費者庁などの「事故情報データバンクシステム」に登録された太陽電池モジュール(いわゆる太陽光パネル)に関連した火災事故は11年以降で19件。そのうち10件をシャープ製が占めている。男性宅のパネルもシャープ製だった。

シャープ製パネルについては、今年に入っても3件の事故報告があり、4月13日に東京都内で火災事故を起こしたパネルの型式番号は、11年9月に千葉県で起きた火災事故のものと同じだった。

アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP