9月4日、非常に強い勢力を保ったまま近畿地方に上陸した台風21号は、関西国際空港を直撃した。高潮で滑走路や施設が浸水し、空港としての機能が停止。さらに空港島と対岸のりんくうタウンを結ぶ連絡橋にタンカーが衝突し、道路の片側車線と鉄道の線路が不通となった。

台風直撃の翌日は、臨時バスに長蛇の列ができた(時事)

この日空港内にいた旅客や空港職員など約8000人が取り残され、不安な一夜を過ごした。バスやフェリーで旅客全員が脱出できたのは、翌5日の深夜だった。

関空が開港したのは1994年。伊丹(大阪国際)空港の騒音問題などを受け、旅客便、貨物便の両方で24時間運用を可能にすべく、空港すべてが人工島から成る世界初の海上空港として建てられた。A滑走路と第1ターミナルビルのある1期島と、B滑走路と第2ターミナルビルのある2期島(2007年完成)に分かれている。

ただ、海上空港ゆえの課題も多かった。関空は水深18メートルの軟らかい地盤の上に建てられており、開港当初から地盤沈下のおそれが指摘されていた。1期島はこれまでに3メートル強沈み、今も年間約6センチメートルのペースで沈下している。

今回大きく浸水したのが、その1期島だ。A滑走路や駐機場のほぼ全域が冠水し、深い場所で約40~50センチメートルに及んだ。さらに第1ターミナル地下の従業員エリアや機械室などにも水が流れ込んだ。

第1ターミナルが位置する1期島は全面的に冠水した(朝日新聞社/時事通信フォト)
アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP