天皇陛下の生前退位も、いよいよ近づいてきた。「これで『平成』という時代も終わり……」という声を聞いて、いったんはうなづきながら、反芻(はんすう)してみて「はて」と首をかしげてしまう。

「平成」とは元号であり、現代の世界で元号を有する国は、ほぼ日本のみにすぎない。しかし元号という年の数え方は、史上の東アジアで普遍的だった。中国に起源を発し、その影響で国を建てたところでは、みな有していたものである。

中国はかつて至尊の天子・皇帝がしろしめす世界であった。そのため元号は皇帝制・君主制と密接不可分な関わりにある。天子の定めた元号を共有することで臣従を、強要することで君臨を可視化した。つまり中国に従うなら、中国と同じ元号を用い、背くなら違う元号を使えばよい。たとえば前者は朝鮮王朝、後者は日本だった。

皇帝制・君主制と不可分

そんな元号を変更するのを「改元」という。史上その動機はさまざまながら、天子・君主の決めることなので、自ずとそこにまつわる事柄が多い。天子の地位に関わる天地祭祀や瑞祥の例としては、「天鳳」「神龍」などがあり、また政治の姿勢・方針に関わるものでは、「元祐」「同治」などがそうである。最も多かったのは、「康熙」「乾隆」など、治世の安寧繁栄を祈念した、縁起のよい文字の組み合わせだろうか。