キャスリン・ディカス(Kathryn Dekas)/グーグルの人事関連組織「ピープルアナリティクス」グループ・シニアマネジャー。組織慣行の改善に向け、最先端かつ深層的な研究を導入・実施する社内研究開発ラボ「ピープル・イノベーション・ラボ」を統括。ペンシルバニア大学の経済学および心理学学士号、ミシガン大学で組織論博士号を取得。卒業後に複数社での勤務を経て、2008 年グーグル入社。以来、新人研修・評価・成績管理などのプロジェクトを率いるとともに、グーグルで毎年行われる社内調査 「Googlegeist(グーグルガイスト)」を運営(撮影:梅谷秀司)

自分や同僚は、今の働き方に満足しているのか。これから先、どんな働き方をしたいのか。パフォーマンスを最大化できる働き方とは──。政府主導の「働き方改革」の大号令がかかる今、時代に合った新しい人事制度・施策について、悩みを深める企業は少なくないだろう。

この課題に長年、独自のアプローチで取り組んできたのが米グーグルだ。同社は「科学」や「データ」を用いて社内の人事施策、働き方を見直すため、2006年から専門人材を採用し、「ピープルアナリティクス」のチームを発足。採用、チーム作り、マネジメントなど、人事に関するあらゆる業務、プログラム、プロセスの有効性を検証・改善してきた。

グーグルが蓄積してきたノウハウは、社外にも広く公開している。8月には、データ分析を基に考えられた人事施策についてまとめた情報サイト「re:Work」の日本語版を公開。また、同社が日本で30社以上のパートナー企業と取り組んだ働き方改革の取り組み「Womenwill」の成果についても別サイトで公開しており、仕事のムダを省く方法、働く時間を短縮する方法など、具体的なケースとともに掲載している。

グーグルの取り組みから、日本企業は何を学べるのか。働き方の再構築に、科学とデータをどう活用すればいいのか。グーグル・ピープルアナリティクスのシニアマネジャーで、社内研究開発ラボ 「ピープル・イノベーション・ラボ」 を統括するキャスリン・ディカス氏に話を聞いた。

第1回は、組織論の博士号を持つキャスリン氏の素顔とグーグル・ピープルアナリティクスの成り立ちを紹介。次回以降はグーグルで実際に行われた人事施策の検証・改善のケースから、グーグル社員が大事にしている4つの文化、日本企業が「働き方改革」で見失ってはいけないポイントまで、全3回でお届けする。

社員のやる気の源泉を研究

──学生時代から一貫して「職場と人」の研究に携わってきました。

大学の学部生時代にビジネスを勉強する中で、会社組織やビジネス文化全体における人々の「振る舞い」に興味を持つようになった。大学院進学後は組織行動学を専攻し、職場における人々の考え方、感じ方、反応の仕方などを中心に研究を進めた。具体的には、従業員はどうすればやる気を起こすか、上司やチームメイトとどんな関係でいるのが理想的か、といったことが主な研究内容だった。

私が特に注力したのは、博士論文に選んだテーマでもあるが、組織における「市民的行動」についての研究だ。市民的行動とはつまり、仕事をする中で発生する、給料の範疇に入っていない行動のこと。評価に直接反映されたり、追加でお金をもらえたりするわけではなくても、人々がしばしば「組織のために」と自発的に行動するのはなぜか……。それを突き詰める研究だった。

──多くの企業経営者にとっても興味深いテーマだと思います。研究を経て、どのような結論を導いたのでしょう?

ごく簡単にいうと、重要なのは「環境」ということだ。かつて市民的行動というのは、なんとなく「その人自身がいい人だからするのだ」と思われているところがあった。でも研究を進める中ではっきりしてきたのは、実は環境が人を作るということ。職場の環境が整っていれば、どんなパーソナリティの人でも組織のために自発的に行動したくなる、奉仕したくなる。社内の環境や文化が非常に重要だとわかってきた。これは今の職場であるグーグルでも、非常に重視され、体現されている点だ。

グーグルが米『フォーチュン』誌「働きがいのある会社ベスト100」に選ばれたことが、ディカス氏の入社のきっかけになった(編集部撮影)

──グーグルにはどのような経緯で入社したのですか。

最初にグーグルに興味を持ったのは2008年ごろ。まだまだ若い組織ながら、グーグルが米『フォーチュン』誌の「100 Best Companies to Work For(働きがいのある会社ベスト100)」のトップを取った年だ。この受賞を見て、経営陣は従業員の喜ぶ職場をどう作っているのか、とても気になった。加えて当時は、ちょうどグーグル内に「ピープルアナリティクス」という科学やデータを駆使しながら人事改革を行う新部門が立ち上がったところだった。自分も専門家としてその組織に加わり、グーグルの職場作りに携わりたいと考えた。

グーグル社員は互いへの信頼感が強い

──実際にグーグルで働き始めて、当時の組織文化や職場環境についてどう感じましたか。

プレミアムリポート一覧 TOP