ディスカウントスーパーの跡地に出店した八百幸成城店。店内や駐車場は標準店より狭い

埼玉地盤の食品スーパー・ヤオコー。その成長戦略に黄信号が灯っている。

昨年11月、東京都調布市に開業した「八百幸成城店」。フロア面積962平方メートル(291坪)と同社標準店の半分程度の広さしかないが、市場から直接買い付けた野菜や果物など鮮度にこだわった品ぞろえを前面に打ち出す。

この期待の新店が苦戦しているのだ。5月に行われた前2017年度決算説明会の席上で、ヤオコーの川野澄人社長は「成城店は売り上げが想定に届いていない」と言及。その後も状況は好転していない。成城店は年商20億円を計画しているが、ある小売り関係者は「目標売上高の7割程度の水準で推移しているのではないか」と見る。

実際、8月下旬の昼下がりに成城店を訪れると、全体的に人影はまばら。10台あるセミセルフレジのうち、稼働しているのはわずか2台だけだった。

23区内の旗艦店は白紙