(イラスト:ソリマチアキラ)

チョット前の話になりますが、カーヌスティの全英オープンは今年も心に残る試合でした。タフなコース造りがそうさせるのか、個性的な選手のぶつかり合いがそうさせるのか。また熱狂的なギャラリーの応援も、好ゲームの必需品ですが。

振り返れば「バンデベルデの悲劇」が起こった大会も、1999年のここカーヌスティでの全英オープンでした。どのホールを見てもギャラリーの声援には熱いものを感じますが、特に18番ホールに陣取るギャラリーの拍手にはそれぞれ意味合いが含まれているんです。その年いい成績が出せなかった選手には「四日間、よく頑張ったね。来年元気でまた帰ってこいよ」とか、選手にはそう聞こえるんです。バンデベルデの悲劇は、その18番のパー4のホールで起こりました。

大会最終日、2位のポール・ローリーに3打リードのジャン・バンデベルデが18番のティーグラウンドに上がると、ホール全体のギャラリーが祝福の大拍手です。