ファーウェイの最新機種。AIによる画像補正が売り(撮影:今井康一)

ついに中国のスマートフォンが米アップルを超えた。米調査会社IDCの発表によると、4〜6月の華為技術(ファーウェイ)の世界スマホ出荷台数は前年同期比で41%増の5420万台と大幅に伸び、4130万台(同0.7%増)だったアイフォーンを抜いた。四半期ベースとはいえ、世界2位に浮上したのだ。

ファーウェイのコンシューマー部門CEO・余承東氏は「(通年でも)2位を目指せる位置についた」と宣言。7年間続いた韓国サムスン電子とアップルの2強体制を崩そうとしている。ファーウェイだけではない。2017年の出荷台数では、OPPO(オッポ)や小米(シャオミ)など中国勢が上位に迫る。