BOEが綿陽工場で生産するフレキシブル有機EL。「折れ曲がるスマホ」採用のうわさも

「Best On Earth」の略で、BOE(京東方科技集団)。同社が今、その名のとおり世界一のディスプレーメーカーへ上り詰めようとしている。

英調査会社のIHSマークイットによれば、BOEは2017年、テレビ向けなど大型液晶パネルの出荷台数でシェア2割超を占め、韓国LGを抜いて初めて首位に躍り出た。スマートフォン向けの中・小型パネルでも3位。現在は、有機ELの量産拡大を急ぐ。

以前は地場メーカーが中心顧客だったが、現在は海外展開を加速。日本法人の社長でグループ全体の副総裁も兼ねる久保島力氏は、「今や販売量の5割近くが海外向け。日本のある大手テレビメーカーからは、調達先として最高の評価をもらっている」と自信を見せる。

国有の真空管製造企業を母体とし、1993年に設立された同社。パネルの生産に本腰を入れ始めたのは、03年にスマホ用液晶を造り始めてからとまだ日が浅い。成長の源泉は何なのか。