韓国サムスン電子や東芝メモリを清華紫光集団が追い上げる(撮影:尾形文繁)

圧倒的なシェアを誇っていた日の丸半導体産業は、衰退の一途をたどっている。売上高ランキングでは、1989年には上位10社の過半を占めていたが、今では米国・韓国に押され、東芝メモリただ1社となった。日本企業が衰退する中、背後では新興の中国勢が着実に距離を詰めている。

特に台頭が目立つのが、半導体設計などを手掛ける国有企業・清華紫光集団(以下、紫光)。同社は2016年に設立した子会社のYMTC(長江ストレージ)でフラッシュメモリの開発を進める。19年にも量産に入る見込みだ。

同社の技術には米アップルも目をつけ、中国向けアイフォーンへの同社製品の採用を検討しているといわれている。今後10年間で1000億ドル(約11兆円)を追加投資するとしており、フラッシュメモリで先を行く韓国サムスン電子や東芝メモリを猛追する。

紫光は巨額の買収を繰り返すことで急速に力をつけてきた。過去には米メモリ大手マイクロン・テクノロジーや米ウエスタンデジタルなどの“大物食い”を画策。17年には東芝メモリの買収にも興味を示すなど、半導体業界をにぎわせてきた(いずれも頓挫)。

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP