アイフライテック創業者の劉慶峰氏。AIの技術力でBATに比肩(Imaginechina/アフロ)

中国が国を挙げてAI(人工知能)の開発を急いでいる。中国国務院は2017年に「次世代人工知能発展計画」を策定。18年から20年にかけての「3年行動計画」では、AIを「製造強国とインターネット強国を建設するエンジン」と、国家発展の推進力に位置づけた。

すでに国際人工知能会議(IJCAI)における論文著者の4割超が中国人だと指摘されており、研究者の厚みも出てきている。AI論文の国別本数では13年に中国が米国を抜き、日本の約7倍となっている。

そうした政府のAI産業の支援策を一身に受けて飛躍する企業がある。安徽省に本社を置く科大訊飛(アイフライテック)である。

同社の自動翻訳機は、翻訳性能で世界最先端の技術水準だ。手のひらサイズのテレビリモコンのような機械端末を持って、英語で「近くに何かおいしいものはありますか」と話しかける。すると端末は自然な声の調子で「附近有什么好吃的东西吗?」と、中国語に翻訳してくれる。

こうした自動翻訳に使われる音声認識技術で、アイフライテックは中国国内で圧倒的強さを誇る。華為技術(ファーウェイ)や小米(シャオミ)のスマートフォン、IT企業のテンセントやアリババグループが採用。中国国内では音声認識サービスの7割超のシェアを占め、利用者は4億人を超える。

同社の音声認識技術はほぼ100%の正答率を実現しているとされ、中国の共通語として使用される「普通話」だけでなく、上海語や広東語などの方言にも対応している。音声合成では話者の話し方や声音を機械学習させ、自然な音声を再現。人工的で単調な機械音声とは一線を画している。

アイフライテックの歴史は中国のAI産業の歴史を象徴している。創業者の劉慶峰董事長は、中国科学技術大学博士課程在学中から、音声認識分野で中国トップクラスの研究者として名を馳せていた。

1999年に劉氏は「米IBMや米マイクロソフトを追い越す」と、アイフライテックを設立。そこに高度技術の発展を目指していた中国政府が支援を表明。86年に策定された政府による技術高度化計画「863計画」の支援企業として認定を受け成長した。

高い技術水準の背景には強力な研究開発体制がある。劉氏の出身校で同社の母体でもある理系の名門・中国科学技術大学から、先端技術を学んだ優秀な人材が多く入社。売上高の4分の1を研究開発費に充てるなどさらなる向上へ余念がない。

17年には中国政府が自動運転、スマートシティ、医療、音声認識というAIの主要4分野でリードする企業を選定。百度(バイドゥ)、アリババ、テンセントの大手IT企業3社(BAT)と並びアイフライテックが音声技術の分野で選定され、一躍世界の注目を浴びた。

人の能力を超えるAI 日本はデータ活用に課題

音声認識のほか、画像認識技術でも中国は世界をリードしつつある。その代表的企業の一つが、香港に本社を置く商湯集団(センスタイム)だ。

アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP