中国のスペースXと呼ばれるワンスペース。民間でロケット開発を進めるが軍との関係も深い(ロイター/アフロ)

中国で4月24日は「宇宙の日」だ。1970年の同日に中国初の人工衛星「東方紅1号」が打ち上げられたからだ。

それから約50年。中国の宇宙開発は大きく進展し、存在感を増している。2003年には中国初の有人宇宙飛行を実現。現在は独自の宇宙ステーションの実験機を運用しており、22年には本格的な運用を開始したいとしている。