なお好転の兆しをみせない米中貿易戦争。筆者は小欄第84回で歴史の再現、ないしは継続かもしれないと記した。

もちろん過去にあった歴史事実が、そのままくりかえすことはありえない。人・国はもとより、そもそも時代が以前とは異なる。それでも類似性を感じ、既視感をおぼえるのは、やはり人間性・人間集団の性向というものが、時空を越えてもなかなか変わらないからなのであろう。

米中間では、ほんとうの争いの回避に向けて、協議を再開したらしい。中国が譲歩するとの予想が有力である。貿易や為替の情況・形勢からみて、さして意外とは思わない。しかし米国が中国の政府にいくら約束を強いたところで、民間・経済がそのとおり動くかどうか、予断をゆるさない。

典雅な英国・中国交渉

二百年以上前、英中貿易が紛糾したときにも、外交交渉はやはりそれなりにあった。最も著名なのは、18世紀の末、英国史上初の中国派遣全権大使に任じたマカートニー使節団である。

英国の当面の利害は、貿易取引のはずだった。しかし外交の体制変革とも不可分な問題だっただけに、交渉はすすまず、マカートニーのミッションはまったくの失敗に終わる。

アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP