記事下の表は、前記事までに紹介しきれなかった30産業の勝負について一覧でまとめたものだ。50番勝負の最終的な結果は日本の21勝28敗1分けだった。

日本が中国に勝ったのは、ロボット・工作機械や建設機械、自動車・鉄道車両などの機械産業と、鉄鋼や炭素繊維などの素材産業、医療機器などのヘルスケア産業が中心だ。

特に鉄道車両の精密部品や鉄鋼の高級鋼材など、ハイエンド技術については日本にまだ強みがある。2017年の国際特許公開件数を見ても、機械・輸送・素材・医療の分野で、中国に対して優位性を保っていることがわかる。