(kou / PIXTA)

「それは脅威ですよ」。日本の製薬大手の研究開発担当役員は、中国の製薬産業についてそう言い切った。

医薬品の市場規模を見ると、中国は米国に次ぐ世界2位だ。ただ、後発薬(ジェネリック)が市場の9割を占めるといわれている。上場製薬企業トップの華潤医薬集団でも、売上高は日本のトップ・武田薬品工業の4分の1に満たない。