米中貿易戦争が激しくなる中、中国はどこへ向かうのか。米ハーバード大学シニアフェローのW. オーバーホルト氏は25年前の著書で中国が米国に並ぶ超大国になることを指摘していた。中国の政治、経済の専門家である同氏に今後の米中の動向について聞いた。

米ハーバード大学 シニアフェロー W. オーバーホルト
William Overholt●1945年生まれ。米イェール大学Ph.D.。米ランド研究所アジア部長などを歴任し、現職。95年に『中国・次の超大国』でアジア太平洋賞特別賞を受賞(撮影:尾形文繁)

強権政治はもう機能していない

──米中貿易戦争が長期化しています。背景をどう見ていますか?

米国経済は中国に対して開放的だが、中国経済は米国に閉鎖的だ。トランプ大統領はその貿易不均衡に着目したが、彼のばかげた経済への見方が貿易戦争の最大の原因だ。

貿易不均衡は、米国が自らの経済活動に必要とするものを中国からの輸入で賄っているために起きている。トランプ氏は大規模な財政出動を行っているが、財政出動で増加する需要によってさらに輸入量を増やし、貿易赤字を拡大させるだろう。

──米国全体で中国への警戒感が高まっているように見えます。