大手がひしめく自動車業界で、軽自動車を主軸とし、他社とは違う生き残り方を模索してきた長老経営者が語り尽くす。

すずき・おさむ●1930年生まれ。中大法卒。銀行勤務を経て創業家の娘婿として58年スズキ入社。78年に社長、2000年に会長就任、08〜15年には再び社長を兼務したが、15年から会長専任。(撮影:吉野純治)

1990年ぐらいまでは、乗用車といえば流線形のフォルムが主流だった。そんな中で、93年に背が高いノッポのワゴン型軽乗用車「ワゴンR」を発売したのは、本当に記憶によく残っている。

当初は「ジップ」というニックネームで出すことになっていたが、“ジャップ”(日本人の蔑称)という誤解を受けるからよくないと思った。発売が決まり、決裁印も押していた状態だったが、思い直して、カタログやチラシ、ポスターを全部廃棄してやり直させた。箱形だから「ワゴン」でいいと思ったが、ワゴンは一般名詞でダメということだったから、何かをつけようと思ってRをつけた。スズキにはハッチバック型の「アルト」があるけど、ワゴンもR(あーる)という意味合いだ。