家族を大切にし、父であり続ける。けれど一歩家を出たら女性としてよりよい人生を歩みたい──。そんな究極の願いを実現させるまでの山あり谷あり、喜怒哀楽の日々をつづった意欲作。

総務部長はトランスジェンダー 父として、女として
総務部長はトランスジェンダー 父として、女として(岡部 鈴 著/文芸春秋/1600円+税/230ページ)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

封じた感情47歳で炸裂 告白は社内一斉メール

──女性で行きます!とカミングアウトして6年。会社ではもう自然になじんでいる感じですか?

そうですね。万が一ネクタイでも締めて出社したら、それこそ「どうしたの?」になっちゃう。男物のカジュアルな服で家を出て、途中トランクルームに寄って女性服に着替え、化粧をして、電車通勤する生活です。トランクルームにエアコンはあるんだけど効きがイマイチよくなくて、夏は汗だくでメイク。大変です(笑)。

──最初に女子願望が芽生えたのが小学6年生のころでしたね。

歌手の山口百恵さんの大ファンで、「身も心も百恵ちゃんのようなりたい」と思っていました。当時はトランスジェンダーやLGBT(性的少数者)、性同一性障害などの言葉がなかった時代。そのうち声変わりもし、男子に生まれたことを受け入れるしかなかった。

それから35年後の47歳のとき、会社での鬱憤晴らしに新宿2丁目のゲイバーへ行ったら、すごく発散できた。たまっていた不満やコンプレックス、女性化願望のダムが決壊したような感覚。そこから妻や息子には内緒で、自室にこもって連日深夜にメイクを特訓、外で女装を研究するようになった。女性ホルモンを摂取し、週末はトランスジェンダーの仲間とオフ会やレジャーを楽しみました。

パートナーにはあることがきっかけで、女装を告白しました。以後彼女から表情が消え、最低限の会話のみになった。後に性同一性障害の診断書を見せ、病気を免罪符に女性化願望をあらためて伝えたときも、遠くを見つめるような目で「だから何?としか言えない」と。正直、家庭内の空気がよくなかったのは事実です。今でこそかなり関係は修復できましたけど。

──そして2012年、ついに会社でカミングアウトを決行した。