トランプ米大統領がブレナン元CIA(米国中央情報局)長官から機密情報に対するアクセス権限を剥奪した。これを単にトランプ氏による個人的な復讐と考えるのは間違いだ。なるほど、ブレナン氏はロシアとの癒着が指摘されるトランプ氏の存在を「国家安全保障に対する脅威」と呼んで批判している。トランプ氏が個人的な仕返しに出たと考えるのも当然だ。だが、同氏は大統領に選出されて以降、一貫して情報機関を攻撃しており、今後も締め付けを強化してくるはずだ。ブレナン氏への一撃は序の口にすぎない。

一方、欧州でも権力を手に入れた極右政党が情報機関たたきに走っている。極右を長年にわたり監視してきた情報機関は、与党から目の敵にされる立場になったのだ。

オーストリアでは今年2月、ポピュリスト政党に所属するキクル内相の命令で、警察が情報機関に強制捜査を仕掛けた。クルツ首相率いる国民党は極右の自由党と連立を組むが、自由党はナチス親衛隊の残党が立ち上げた組織だ。

強制捜査の結果、情報機関の高官は降格された。しかし、その口実はあぜんとするような内容だった。なんと「北朝鮮を標的とした諜報作戦」が摘発容疑とされたのだ。