井上ひさし氏は、語順がかなり自由であるために日本語には独自のあいまいさが出てくることに注目する。〈大江健三郎さんがノーベル賞を受賞した時の講演は「あいまいな日本の私」という題でした。「あいまい」は「日本」にかかるのか「私」にかかるのかわかりません。そこを、大江さんはねらったわけですね。〉(井上ひさし『日本語教室』新潮新書、2011年、175~176ページ)。

大江健三郎氏は、主要作である『万延元年のフットボール』『同時代ゲーム』を読めばわかるが、語彙が豊富で、言葉遊びを楽しむ。川端康成氏がノーベル賞受賞講演で「美しい日本の私──その序説」というタイトルを掲げて話をした。大江氏はそのパロディで「あいまいな日本の私」というタイトルにしたのだと思う。川端氏に「あなたの言いたいのは、日本にいる美しい私ということなのでしょう」という強烈な皮肉だ。もっともこういう言葉遊びを、新聞のような論理性を重視する文で用いてはいけない。

〈「新聞で汚れた国の大掃除」──これ、ある年の新聞週間の標語なんです。あんまりおかしかったので切り取って保存しましたが、新聞社がこんなことをしてはいけませんよね。「新聞によって汚れた国」を大掃除しましょうというふうにも読めますから、「新聞で、汚れた国の」と読点をいれなければなりません。〉(前掲書176ページ)

井上氏は、さらに日本語のさまざまな表現のあいまいさについて、具体例を挙げて解説する。

〈むかしから問題になっているのは「美しき水車小屋の娘」ですね。美しいのは娘なのか水車小屋なのか。「むずかしい子どもの教育」──これも子どもの教育がむずかしいのか、むずかしい子どもの教育なのか、あいまいです。

「大橋刑事は血まみれになって逃げだした賊を追いかけた」──血まみれになっているのは大橋刑事なのか賊なのかわかりませんね。