米カリフォルニア州で火事が相次いでいる。写真はクリーブランド国立森林公園(8月9日撮影)(AP/アフロ)

米カリフォルニア州では、本稿の執筆時点(8月22日)で16件の山火事が起こっている。昨年に続いて今夏もニュースは火事の話題でいっぱいだ。

サンフランシスコから北へ車で2時間余りの距離にあるメンドシーノ郡周辺で燃え続けている火事は、今やカリフォルニア史上で最大の規模になった。火事が起こったのは7月27日。1カ月近くの間、多数の消防士が消火に当たっているが、まだ消えない。カリフォルニア州の火事情報を伝えるキャルファイアによると、執筆時までに36万エーカー(1463平方キロメートル)が燃えた。36万エーカーのうち鎮火されたのはまだ67%だという。住民にも消防士にも死者が出ており、痛ましい限りだ。

さらに北へ行ったシャスタ郡付近の山火事は、市街地近くまで延焼し、1300戸近い住宅をはじめ、多くの建造物が被害を受けた。こちらは7月23日に火事が起こり、22万エーカー(約897平方キロメートル)を燃やして、執筆時で93%まで鎮火された状態だ。

日本でもよく知られるヨセミテ国立公園でも7月13日に山火事が起こり、8月19日に完全に鎮火されるまで一部の地域が立ち入り禁止になった。鎮火後も完全に閉鎖されている区域が残っている。