難関の医師国家試験に合格し、大学を卒業したら、医師はどんなキャリアを歩むのか。

まず経験するのが、初期・後期に分かれた病院での研修である。初期の臨床研修では2年間で各診療科を回り、後期の専門研修では自身が選ぶ診療科で専門医の資格を取る。

かつては大学卒業後、出身大学病院の医局に入局し、初期・後期研修を経て、その後も大学病院やその関連病院でキャリアを積むのが一般的だった。しかし2004年度から自身や研修先の希望に基づく「マッチング」の仕組みが導入され、待遇のいい市中病院を選ぶ研修医が増えた経緯がある。