絵の鑑賞はその前で思いを巡らすことが大事という。

感性は感動しないー美術の見方、批評の作法 (教養みらい選書)
感性は感動しないー美術の見方、批評の作法 (椹木野衣 著/世界思想社/1700円+税/194ページ)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

──本と同じタイトルの、冒頭にあるエッセーが25校以上の大学入試で出題されましたね。

皮肉な話だ。なぜそれだけ多く採用されたのか。どのような理由なのかよくわからない。月刊誌の編集部がその試験問題を解く場を僕に与えてくれて、編集者が予備校の正解に基づき採点したら、50点近くにしかならなかった。受験テクニックに沿えばそういう正解が出てくるのだろうが、自分の書いた文章の問いにその程度しか答えられない。逆に筆者側が正解と言ってもそれに限らないわけだ。

──既存の美術ジャンルを破壊する批評スタイルで知られます。

美術は日本で学習科目の中に入っているが、絵を教育するのは難しい。算数や社会といった教科なら問いがあり答えがある。公式や事件の起きた年号での正解、不正解で点数化ができる。絵はそれがない。でも、学校教育に従って絵を考えると、正しい絵の見方があるのではないかと思ってしまう。

絵の見方には正しいも間違いもない

──正しい見方はないと。

絵は好きなように見ればいい。何か気になる、もうちょっと見たいなと思わせる絵こそ、その人にとって意味がある。世間で有名だったり、偉い先生が褒めていたり、あるいは美術の教科書に大きく出ていたりするのとは別のことだ。自分が気になった絵をひたすら見る。それに徹すればいい。見方に正しいも間違いも、よい見方も悪い見方もない。

──世の中的には違います。