1985年、川崎市で交通事故に遭った10歳の少年が、宗教の教義を重んじる両親に輸血を拒まれ死亡した事件は、後にテレビドラマ化もされるなど、広く世間の関心を集めた。医師にとって救命できるのに輸血しない…