真宗大谷派の本山・東本願寺

「給与明細を見て、あれだけ働いたのに残業代がないのはなぜだろうと思ったのがきっかけだった」。真宗大谷派(本山・東本願寺、京都市)で僧侶として働いていた男性(39)は振り返る。

男性は2013年4月から本山境内にある研修宿泊施設「同朋会館」で門信徒の世話役である「補導」として働き始めた。朝のお勤めから昼の清掃奉仕などの主導役を務め、夜は会議もある。朝6時半すぎには出勤し、夜は22時すぎになることもザラだったという。

とりわけ繁忙を極めたのが、子どもや学生の奉仕団がやってくる夏休み期間中だ。「残業時間は最大で月130時間を超えていた」(男性)。1年目のとき先輩の補導が倒れ、救急車で病院に搬送されたこともあった。炎天下での活動と睡眠不足が響いたためだ。

男性は仏門に入る前、民間企業で5年ほど働いていた。本山の補導となる前は、宗派教務所で事務職として働いていた。「企業ではもちろん、教務所でも残業代は支払われた。本山でも事務職には残業代が支払われるのに、勤務時間の長い補導には支給されないのは納得できなかった」(男性)。

男性は同僚と地域労働組合に加盟し、15年秋から団体交渉を行った。真宗大谷派側は残業代不払いのみならず、労働時間を把握してないことや、補導については残業代を支払わないという違法な覚書を40年以上前に職員組合と締結し更新し続けてきたことを認めた。

「宗教心があればこんな訴えは起こさない」。団交の途中、直属の上司は男性にこう言い放ったという。「同じ環境で働いてきた人が多くいるのに、おかしな訴えを起こすのはあなたが初めてだ」。

結局、男性らが労働基準監督署に相談すると伝えると、支払いを受け入れた。真宗大谷派の但馬弘宗務総長は昨年5月、同派僧侶で構成される議決機関「宗議会」で、「法令に対する認識が不十分で、多大な迷惑をかけ申し訳ない」と謝罪。職員の時間外手当やタイムカード導入の経費が予算に盛り込まれた。

広大な境内の外れに、門信徒のための宿泊施設「同朋会館」がある。僧侶として働いていた男性は当時の過労とパワハラで今も体調不良に悩む

過労うつや不当解雇 社会保険も未加入

世俗の「働き方改革」の波が、宗教界にも押し寄せている。前出の上司の言葉が象徴するように、僧侶は出家して仏門に入れば俗世とは離れるので、その活動は「修行」であり「労働」ではないという考えは仏教界に根強く残る。ほかの宗教でも同様だ。「宗教法人には労務管理という意識がなく、労働法の知識が乏しいのが実情だった」(僧侶で宗教法人法務に詳しい本間久雄弁護士)。