日本語は助詞の使い方が難しい。特に面倒なのは、「は」と「が」の使い方だ。

外国人用の日本語文法では、「は」はトピックマーカー(topic marker、井上ひさし氏の用語では題目)と見なされている。東京大学日本語教育センターのホームページでは、トピックマーカーについて次のような説明をしている。

〈 (2) 田中さんはお茶を飲みました。

(3)お茶は田中さんが飲みました。

(2)と(3)の違いは、簡単にいえば、(2)は「田中さん」の話をしているときに使い、(3)は「お茶」の話をしているときに使う、ということです。つまり、(2)は「田中さんは何を飲みましたか。」What did Tanaka drink?(または「田中さんは何をしましたか。」What did Tanaka do?)、(3)は「お茶は誰が飲みましたか。」Who drank tea? という質問に答えるような場合に使うわけです。

どちらの場合も、実際には質問の文はなくてもかまいませんが、要するに、(2)は「田中さん」が関心の対象になっている場合に、(3)は「お茶」が関心の対象になっている場合に、使うわけです。(2)については「田中さん」と「鈴木さん」を対比して使う、(3)については「お茶」と「コーヒー」を対比して使う、というような使い方もありますが、「鈴木さん」や「コーヒー」を持ち出さなくても、要するに、「田中さん」を話題にして述べているか、「お茶」を話題にして述べているかということが、(2)と(3)の違いだといえます。

このように、「xは……」という言い方は、xを話題topicにして、それについて何かを述べたり尋ねたりするときに使うもので、これが助詞「は」の働きなのです。「xは……」と述べることで、「xがtopicです(私はxについて話そうとしています)」という合図を送るわけで、こういう働きを、言語学ではトピックマーカーtopic markerと呼んでいます。topic markerは、持っている言語と、持っていない言語とがあります〉(http://www.nkc.u-tokyo.ac.jp/study_info/study_info01_04_j.html、2018年8月6日閲覧)