ヤマハのアコースティックギターは、新興国を中心に支持を集めている(撮影:梅谷秀司)

静岡県浜松市が擁する世界企業の一つが、国内楽器最大手のヤマハだ。幼少期に「ヤマハ音楽教室」(運営は一般財団法人ヤマハ音楽振興会)に通った人も少なくないだろう。早くから海外に進出し、ピアノやギターから打楽器まで、幅広い品ぞろえを持つ世界的な総合楽器メーカーとしての地位を確立した。

2017年度業績は売上高4330億円(前期比6.1%増)、営業利益488億円(同10.2%増)となり、過去最高益をたたき出した。2018年度には売上高4420億円、営業利益550億円を計画し最高益更新を見込む。牽引するのは、やはり楽器事業だ。

中でも成長の期待を寄せるのが、ギターである。ギターを含む弦打楽器は2017年度の売上高が8%(為替影響除く)伸び、他の楽器よりも高い成長率を達成。また、世界の楽器市場規模は約8000億円(ヤマハ調べ)。ギターはピアノと並び、そのうちの3000億円と大きい。

今年4月にはアメリカにギター戦略の拠点を開設。M&Aにも積極的だ。だが「YAMAHA」のブランドは知名度こそ高いが、ハイエンド(高級)のブランドとしての認知度は、「ギブソン」や「マーティン」といったアメリカブランドに引けを取っているのが現状だ。2018年度を最終年度とする中期経営計画で「ブランド力の強化」を目標に掲げ、自らも中高時代から長くギターに親しんできたという中田卓也社長に話を聞いた。

ヤマハのギターにはプレミアム感が足りない

──世界のギター市場で、ヤマハはどのような立ち位置だと分析していますか。

ギターはアコースティックとエレキに大別されるが、ヤマハはアコースティックギターの中では一定の評価をもらっている。

アコースティックギターは新興国で急速に人気が高まっている。特に中国ではここ2年ほど、かなり高い2ケタの成長率で伸びている。アコースティックは個人で手軽に始められるうえ、(新興国の需要に合う)高品質でリーズナブルな価格の製品を提供している点が支持されている。本数が出ているのは、1000ドル程度までの製品が主だ。

ヤマハのギターにはプレミアム感が足りない。トップエンドの価格帯の製品も出しているが、「どうせこの値段を出すならアメリカブランドがいい」と思われてしまっている部分はまだある。

エレキではギブソンや「フェンダー」などアメリカのブランドが非常に強く、まだまだヤマハの存在感は薄い。アコースティックでもマーティンや「テイラー」にサウンド面で負けているとは思わないが、ブランド力でまだ足りない部分がある。

今年5月に経営破綻した米ギブソン。ヤマハは彼らの牙城に食い込むことができるか(撮影:谷川真紀子)

──ヤマハのギター事業は好調な一方、ギブソンは今年5月に経営破綻しました。

ギブソンの経営が厳しくなったのは、借金をして買収したオランダ・フィリップスの家電部門を再生できなかった点が大きい。ギター事業が極端に悪化したわけではない。

ただ彼らの製品の主流はエレキギターだ。最近の音楽シーンではテイラー・スウィフトが人気になったようにアコースティックに流れがある中で、エレキに求められる新しい価値を提案できなかった部分もある。

ヤマハブランドとしてギターの展開を始めたのは1966年。アコースティックもエレキも、アメリカブランドは1900年初頭、早ければ19世紀からギターを手掛けており、エルヴィス・プレスリーなどの著名アーティストとともに、まず1930~1950年代にかけて成長してきた。

──今年4月にはアメリカ・カリフォルニア州にギターの企画開発や戦略策定を行う組織を置きました。

ギター市場はアメリカが世界最大だ。全世界で活躍するアーティストはアメリカ発が多く、ギターで世界の最先端を走っている国でもある。大手メーカーとしてこの市場で存在感を出さなければならない。

私は次の世代、20代までの若者に照準を当てたいと思っている。若者がギブソンやフェンダーといったアメリカのトップブランドにすり込まれる前に、ヤマハの存在感を高めたい。10年後、20年後に彼らが大人になったりビッグアーティストになったりした際に、「ヤマハをずっと使っていた」と言ってくれる状況を目指していく。

そういう意味で注目しているのが、中国だ。ここでは最近になってから若者にギター音楽が普及した。当然ギブソンやフェンダーも市場の巨大化を見据えて手を打ってきたが、攻勢をかけ始めた時点はヤマハと同じだった。選択肢としてヤマハもあればギブソンもある状況で、価格と品質を比べて「手頃なものから始めるなら、ヤマハが案外いいじゃない」ということで、中・高級品も含めて中国では売れている。