電動スケーターは充電式。ハンドルにあるレバーがアクセルで、時速30キロメートルほどで走る(Getty Images/Bloomberg)

米国の大都市では今、「電動キックスケーター」のシェアサービスが人気だ。現地では「スクーター」とも呼ばれる。ブームが本格化したのは半年ほど前だ。

背景には交通渋滞の悪化がある。サンフランシスコでは車なら1マイル(約1.6キロメートル)進むのに30分かかることもあるが、時速24~30キロメートル前後の速度が出る電動スケーターなら、5~10分だ。しかも基本料金は1ドルで、1分につき15セントの使用料を払えばよい。

電動スケーターが許可されていないニューヨークでは自転車シェアが人気だが、駐輪場が必要だ。一方、電動スケーターは乗り捨て自由。GPS搭載のため、アプリで場所がわかり、QRコードを読み取って解錠する。

渋滞解決に期待集まる

電動スケーターシェアの3大スタートアップの一角、スピンのユアン・プーン社長は、渋滞に嫌気が差す市民の潜在需要を、新たなビジネスモデルが一気に掘り起こしたと分析する。

同社は自転車シェアが主力だったが、今年から電動スケーターに特化した。「こちらのほうが、はるかに大きな需要がある。収益も自転車シェアより多く見込める」(プーン氏)。すでにノースカロライナ州シャーロットなどで営業許可を取得した。