ゴミの回収や管理の徹底で、近年都心のカラスは減っている。一方、増えているのが地方都市。繁華街の電線に数千~数万羽単位で現れ、糞(ふん)害、騒音をまき散らす。人がひたすら忌み嫌い、遠ざけてきたカラス。夏休み、ヤツらの正体を垣間見てみませんか?

カラス学のすすめ
カラス学のすすめ(杉田 昭栄 著/緑書房/1800円+税/341ページ)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

人間個々の顔、男女をカラスは識別している

──古今東西、カラスは不吉さや賢さの象徴とされてきましたね。

体重当たりの脳の重さは人間で1.8%なのに対し、カラスは1.4%。鳥類では断トツだし、馬などに比べても体重比で大きい。

カラスにできてイヌ、ネコにできないことも山ほどあります。人の顔を見分ける実験をすると、カラスは2日くらいで覚えるんですね。数人の顔写真を貼った容器を10回並べ変えても、10回とも餌が入ってる一人の顔写真を選ぶ。イヌやネコは選ぼうとはせず、たまたま当たれば食べるみたいな感じ。家畜化されていて、自ら生きる能力が鈍化しているのでしょう。実際カラスも、幼児期から飼うと行動力も好奇心もない“腑抜け”に育つ。野生で親からトレーニングを受けて、生きるという思考のスイッチが入るんだと思います。

──自分をいじめた人間の顔を覚えていて仕返しをする、という話を聞いたことがありますが。

仕返しするかどうかは別として、人間相手に分が悪いのは察しているので、見掛けたらきっとガーガー鳴き立てるでしょうね。

人間の男女を識別できるかの実験もしています。男女各10名ほどで目や口、鼻など顔の一部を隠した顔写真を見せたところ、男女それぞれに何らかの共通性を見いだして、しっかり区別できました。おそらく輪郭や色の具合ほか、いくつかのポイントでパターンを読んでいるんじゃないか。さらに今、笑顔や怒り顔など表情の違いを見分けられるか実験中です。柔和な表情の人を類似系の一つの集合体にまとめる力があるのかどうか。

米国で面白い実験報告があります。怖い形相のマスクをかぶった人がカラスを捕らえ、恐怖心を与えてから放す。すると以後、怖いマスクの人が歩くとカラスが一斉に甲高く鳴き叫び、羽をばたつかせた。時間が経つほどに反応するカラスは増え、直接その経験をしていない1~2キロメートル離れた別の群れのカラスまでもが反応し始めた。つまりカラスは自らの直接体験、親から子への情報伝達に加え、ほかの群れとの情報交換という三つの情報源を持つということ。どのように伝えるのかはわかっていませんが、コミュニケーション能力があるということです。

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP