(イラスト:ソリマチアキラ)

この7月、記念すべき第1回「全米シニア女子オープン」がイリノイ州シカゴゴルフクラブ(6088ヤード、パー73)で開催されました。メジャーなので女子シニアといえども4日間競技。全米女子オープンなどのメジャー大会や全米アマの歴代優勝者たち、また地区予選会通過者など、世界中から50歳以上のプロとアマ120名が参加しました。私も米ツアー生涯獲得賞金上位150名以内の出場枠で大会に出場してきました。

到着後すぐに、仲良しのミッシェル・バーティオッティやベッツィ・キングらと18ホールをプレーしました。年相応に飛距離は落ちて、ゴルフバッグはプロ仕様から軽量バッグに、プロキャディが息子や娘、友人などに変わっていましたが、みんなプレースタイルは変わらず。隣のホールや練習グリーン上で懐かしい顔を見つけるたびに、笑顔いっぱいハグし合って近況報告しました。

翌日は、選手とゲストが招待されてゴルフ場でガーデンカクテルパーティ。ゴルフ殿堂入りのジョアン・カーナー、ナンシー・ロペスやベッツィ・キング、またジャン・スティーブンソンやローラ・ボーなど1970〜90年代に大活躍したプロが多く、あちこちで飲み物と食べ物を片手にワイワイガヤガヤ、まるで同級会。それらの様子はUSGAの動画サイトにアップされています。