国立と私立が競い、それに公立が追随するのが広島県。広島大附属広島大附属福山が有力国立校で、私立の修道広島学院も人気・実力ともに高い。

2018年度入試の東大合格者は、広島大附福山は11人、広島大附属は10人、広島学院は12人で拮抗している。また、女子中高一貫のノートルダム清心も、東大へ3人の合格者を出すなど、定評のある高校だ。

公立では広島市立の基町が、中高一貫の県立広島広島市立舟入、県立の尾道北などの進学校よりも頭一つ抜け出ている。

広島県は1998年に総合選抜制度が廃止され、06年には学区制が廃止された。学区の境がなくなり県立校は優秀な生徒を集めやすくなったが、国立・私立と比べるとまだ背中を見続けたままだ。