本棚にぎっしりと並んだノートは3000冊を超えた。店は九州郷土料理の味も定評がある(撮影:風間仁一郎)

居酒屋のテーブルを囲む人たちが、「超懐かしい」「同級生がいた」と盛り上がっている。それぞれ手にしているのは、高校ごとに作られた寄せ書きノートだ。東京・新橋の「有薫酒蔵(ゆうくんさかぐら)」には、全国の約3200校のノートがあり、自分の出身校を言うと、店員が持ってきてくれる。

管理している女将(おかみ)の松永洋子さんは、「最初は1000冊が目標でしたが、3000冊を超えると、もう子どもみたいなものですね」と笑う。

女将の松永洋子さん(撮影:風間仁一郎)

「いい仲間に恵まれました」と高校の思い出をつづる人もいれば、「一昨年からソウルに赴任しています」と近況を報告する人、張ってある名刺の横に「先輩、私のこと覚えてますか?」とメッセージを書き込む人もいる。

消息不明だった高校時代の親友の名刺を見つけて連絡し、再会して抱き合って泣いていた男性、結婚したカップル、仕事が増えた弁護士など、ノートはさまざまな縁をつないできた。最近は女子会と若い男性客が増えている。