「福岡高校OBの大隅良典東京工業大学栄誉教授が2016年にノーベル医学生理学賞を受賞したとき、修猷館高校OBとして悔しかったですね」。そう語るのは、修猷館(しゅうゆうかん)同窓会で常任幹事長を務める歯科医の大賀啓史だ。

当時、同窓会長だった西日本シティ銀行会長の久保田勇夫は「首相、五輪での金メダリスト、ノーベル賞受賞者を出して初めて名門一流高校といえる。うちからはまだノーベル賞が出ていない」と悔しがっていたそうだ。修猷館卒業生には、元首相の広田弘毅、戦前のベルリンオリンピックの200メートル平泳ぎで金メダルを取った葉室鐵夫がいる。

一方で福岡高校側の反応といえば、卒業生を中心に「大隅先生のおかげで、修猷に勝った」。ただ、旧制中学時代も含めて福岡高校の卒業生から、首相と金メダリストは出ていない。

修猷館が長男、福高が二男、筑紫丘が三男

修猷館は黒田藩の藩校として1784(天明4)年に開校し、200年を超える伝統を誇る県下随一の名門校。これに対して、1917年創立の福岡高校は昨年100周年を迎え、修猷館の寄宿舎を仮校舎として開校した歴史があることから、「福高(ふっこう)には、兄に何とか勝ちたいといった兄弟間にあるような競争心がある」と、福中・福高同窓会幹事長の堺知行は説明する。

福岡市では、この2校に次いで27年設立の筑紫丘(ちくしがおか)高校が「三男」という位置づけ。この3校が「御三家」であり、「修猷」「福高」「ケ丘(がおか)(筑高)」の愛称で呼ばれる。福岡市では出身の大学よりも高校のほうを聞かれることが多いのは、「御三家」の存在感が大きいからだ。

アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP