格力電器董事長の董明珠氏。大胆な経営手腕で格力電器をエアコンのトップメーカーに押し上げた(imaginechina/アフロ)

6月25日、大手家電メーカーの格力電器は、本社を置く広東省珠海市で500人が出席する史上最大の株主総会を行った。ただ、出席者の最大の関心事である「配当」と「任期」について会社側からの明確な回答はなかった。

同社の2017年度売上高は前年比37%増の1483億元(1元=約16円)、純利益は同45%増の224億元と過去最高を更新した。一方、11年ぶりに無配となった理由について、スマート家電をはじめとする多角化経営へ投資資金を集中させたいと説明している。

株主総会の前に、格力電器の董事長で著名な女性企業家でもある董明珠氏は、スマート家電用のチップの研究と生産に500億元を投じると宣言し、周囲を驚かせた。

この巨額投資について関係者の間では賛否両論だ。董氏の前任者である朱江洪氏は、「エアコン用チップの開発には高度な技術と人材、経験の蓄積が必要で、あまり自信がない」とネガティブなコメントを出している。一方、レノボの創業者でもある中国工程院院士の倪光南氏は、「生産工程こそ難しいが、チップ設計は可能だ」と評価する。

格力電器の積極的な多角化は今に始まったことではない。15年3月に売り出した格力ブランドのスマートフォンは、3年間で合計12万台しか売れていない。16年8月には電気自動車メーカーの珠海銀隆新能源を買収する計画を発表したが、株主総会で否決された。董氏は個人名義で投資する方針に切り替え、不動産開発大手・万達集団などを巻き込み、計30億元を出資。董氏は持ち株比率17.5%の第2位株主となった。