成城学園|受験以外の科目も重視。感性を育てる

成城、成蹊、武蔵、甲南は、戦前、数少ない私立の旧制高校だった。この4校は7年制で、前半の4年が旧制中学=現在の高校、後半の3年が旧制高校=現在の大学教養課程に相当する。

戦後に新制の大学と高校に移行したが、この4校に学習院を加えた5学園は、現在も結束が固い。毎年集まって教育懇談会を開き、担当ごとに情報交換をしている。「校長部会なら新人採用をどうしているかなど、ほかでは言えないレベルのことまで話し合える」と、成城学園中学校高等学校の石井弘之校長は語る。

その影響もあるのか、成城学園高校、成蹊高校、学習院高等科には共通点が多い。いずれも上に大学があって、伝統的に富裕層が多く、生徒は伸び伸びとしている。それでいて成績優秀者もいて、早慶クラスの大学にも卒業生を送り出す。

旅行、留学など、勉強以外のさまざまなな体験プログラムが用意され、兄弟姉妹、親子で通う人が少なくない。卒業生は、「いい人が多かった」、「人の足を引っ張る人がいなかった」と口をそろえる。

公立高校出身の石井校長は、「一人ひとりをよく見て、目の前の生徒にいちばんいいことは何かを考えながら教育できるのが私立のよさ」と言う。

2016年に新校舎が竣工。図書室、カフェテリア、コンピュータルームなどのほか、「グローバルゾーン」には少人数で英語の授業をするための教室が並ぶ

では3校の違いと特色とは?