「シャウエッセン」はソーセージのトップブランド。だが加工品は価格競争が激しい

国内食肉業界の王者、日本ハムの株価低迷が長引いている。昨年6月の高値7290円(調整後株価)からの下落率は4割を超え、7月11日に過去4年来の安値を記録した。軟調ぶりは業界内でも際立つ。

きっかけは、前2018年3月期に業績の下方修正が相次いだことだった。同社は昨年11月、今年2月と営業利益予想を引き下げた。豪州牛肉生産事業の収益性悪化などで海外事業の赤字が拡大。ハム・ソーセージやピザなど国内の加工事業でも、工場の労務費や物流費がかさんだ。

結局、前期は8.5%の営業減益となった。純利益は過去最高だったが、それはプロ野球の大谷翔平選手の大リーグ移籍金約23億円を営業外収益に計上した一時要因による。

今19年3月期については営業利益500億円で前期比微増の会社計画だが、市場はもはや疑心暗鬼だ。豪州中心に海外事業の黒字復帰を見込むが、なお販売価格などにリスクが潜む。営業利益率が前期1.7%と低迷する加工事業も、熾烈な価格競争が続いており、計画どおりに収支改善できるか疑問視する向きが強い。