首都高地下化計画は2002年に提言書が出されており、16年越しで計画が決定した

炎天下、老若男女が一斉にブラシで日本橋を磨く。7月23日、名橋「日本橋」保存会が主催する「橋洗い」が行われた。「日本橋のよい状態を後世に引き継ぐほか、『現状』を知ってもらう意味もある」(保存会事務局)。

現状とは、東京・日本橋の真上に架かる首都高速道路のこと。過去には「日本橋に青空を、日本橋川に光を」とのスローガンを掲げて署名活動を行い、首都高の地下移設を求める請願書を衆参両議院に提出している。

青空を取り戻す野望は、絵空事ではなくなりそうだ。国土交通省、東京都、首都高速道路らで構成する検討会は7月18日、首都高の地下移設にかかる事業費をまとめた。神田橋ジャンクション(JCT)から江戸橋JCTまでの約1.2㌔㍍の地下化の総事業費を約3200億円と試算。うち首都高が2400億円、自治体と民間が400億円ずつを負担することで合意した。時期は未定だが、東京五輪後に着工する計画だ。