長崎県長崎市の西方約100キロメートルにある五島列島の中で、中通島、若松島とその周辺の島々を町域とするのが、同県南松浦郡の新上五島町(しんかみごとうちょう)である。

五島列島は北東部から順に中通島、若松島、奈留島、久賀島、そして列島の中で最大の島である福江島によって構成される。列島の北東部にある中通島と若松島とその周辺を「上五島」、福江島に代表される南西部を「下五島」という。

福江島には五島福江空港があるが、新上五島町にアクセスするには航路が頼りだ。同町の有川港までは、高速船で長崎港から約2時間、佐世保港からは約1時間20分かかる。博多港からもフェリーがあるが、中通島の青方港までは約6時間もの船旅となる。

街の人口は2018年5月時点で1万8525人。人口は50年弱で約4割に縮小した。主な産業は東シナ海に面する好漁場を舞台とした漁業。特産品であるイカやアワビは絶品で、五島の魚はブランド品として名高い。

もともと五島漁業の中心は捕鯨で、その歴史は古い。17世紀に始まり、1884年には島に捕鯨会社が設立され、島の経済は大いに潤ったという。だが1970年代初頭には捕鯨が行われなくなり、長崎や福岡といった都市部へ人が流出してしまった。