自衛隊を退職した後、私はフィリピンのミンダナオ島を拠点としたが、一時期サイパンに住んでいたこともある。当時はよく水中銃を手に潜った。魚を撃つためだ。

水面で息を限界まで吸い込み、水深5~10メートルの海底に向かう。海底に着くと、身体が周囲に同化するまで少なくとも1分間はジッと岩にへばりつく。そのうち同化した侵入者に気づかない魚がうろつき始め、私はその中から食べ頃の魚に水中銃を向ける。もちろん、引き金を引く直前にこちらの殺気を察して、猛スピードで逃げる魚もいる。

ある日、私は逃げ去る魚の動きに見とれた。

魚が急激に泳ぎを加速する際、身体のどの部分を激しく動かすか、ご存じだろうか? 

私は尾びれの付け根が激しく動くと思っていたが、それは大きな間違いだった。

海上自衛隊に20年在籍し、そのうちの10年近くはコンバットダイバーとして海中で多くの時間を過ごしていたのに、私は何もわかっていなかった。海に生きる大先輩の魚類が水の中でどうパワーを生み出しているのか、知ろうともしていなかったのだ。