7月17日の15時前、特別養護老人ホーム(特養)「サニーヒル横浜」の1階に入居者とホームの職員が集まり、「お別れ会」が始まろうとしていた。

そこへ運ばれてきたのは、同日0時すぎに息を引き取った大塚陽子さん(仮名)。93歳だった。顔に掛けられた白い布がそっと外された。そして、居室担当だった職員がお別れの手紙を、時折声を詰まらせながら読み、「今度は天国のご主人と楽しく過ごしてください。ご冥福をお祈り申し上げます」と締めくくった。

次に大塚さんの息子が、「短い時間でしたが、先月、1年半ぶりに帰宅し、母は本当にうれしかったと思います。皆さんには心に寄り添う温かい介護をしていただきました」とお礼を述べた。全員で正面口に出て、大塚さんが乗せられた葬儀会社の車が施設を出ていくのを見届けた。

サニーヒル横浜の正面口。ここから看取られた人を送り出す

サニーヒル横浜(2009年開設・定員140人)が看取り介護を始めたのは14年から。施設を運営する社会福祉法人隆徳会は、先に開設していた横須賀の施設で看取りを行っていた。

だが、サニーヒル横浜で看取りを経験した職員はごくわずか。大半が未経験で、不安のほうが先に立った。アンケートを取ると介護職員の9割近くが反対で、「看取りをするならば辞める」と書く人もいた。内部の勉強会だけでは限界もあり、看取りに詳しい医師や看護師を招いた研修も行った。