日本の高齢者医療はどうあるべきか。延命医療に詳しい東京大学大学院の会田薫子特任教授に聞いた。

あいた・かおるこ●東京大学大学院医学系研究科健康科学専攻博士課程修了(保健学博士)。著書に『延命医療と臨床現場』(東京大学出版会)など。(撮影:尾形文繁)

──終末期の親に人工栄養(胃ろうや経鼻栄養)をすべきか、多くの子どもが悩みます。

長寿社会の日本では、老衰や疾患の最終段階になって口から食べることができなくなる人は増える一方だ。そのとき、人工栄養は必ず行うものと思わず、メリットとデメリットを考えてほしい。終末期に容体が悪化し、水分や栄養を受け付けなくなり、「快復」の可能性がないと医師が判断した場合、人工栄養が本人に苦痛を与えることも考慮すべきだ。

本人ができるだけ苦痛なく最期まで生きるために最終段階の生命の状態は自然に委ねるという評価が、世界的に確立されている。日本でも、日本老年医学会らがガイドラインを通じて啓発してきたため、過剰な延命医療は徐々に減ってきている。

──胃ろうは減った一方、病院ではたいてい終末期に点滴が行われます。