過日、必要があって、立花隆『日本共産党の研究』を読みなおしていたら、こんな一節に出くわした。

「民主主義の真の守り手としていちばん期待できるのは、健全なジャーナリズム、在野精神に満ちたジャーナリズムである。……日本の巨大マスコミは、在野精神が希薄とはいわないまでも弱い。戦前は一斉に大政翼賛会型の新聞になってしまった……」

四十年も前の文章ながら、今にもまったく通用する至言、あらためて唸(うな)った。要するに、日本のジャーナリズムは「全体主義」的な体質をもち、民主主義を守るに足らず、何十年もそれが変わっていない、というわけである。

そんな体質を成り立たせているのは、日本人自身の全体主義的な性向にちがいない。しかしそうであるなら、民主主義の立場と観点から矯めるのが、本来のジャーナリズムの役割である。

迎合・阿世のマスコミ

ところが日本のマスコミ・ジャーナリズムは、わずかな例外を除いて、基本的に迎合・阿世である。かつて小池百合子都知事を持ち上げ、やがてバッシングに転じた報道が、その最たるものであろうか。立花隆も特筆した田中角栄に対する「ちょうちん記事」と金権批判を髣髴(ほうふつ)とさせる経過だった。