訪日客の増加などで需要拡大に沸くホテル業界の中で、稼いでいる企業はどこなのか。本誌は東京商工リサーチのデータを基に直近3期における当期純利益の平均増益率を算出。地域別に利益を伸ばした企業をピックアップした(調査方法の詳細は下記参照)。

[表の見方]

東京商工リサーチの企業データベースを基に以下の基準で作成した

【 対象 】日本標準産業分類の旅館、ホテルと簡易宿所で、2017年1月~18年3月に決算期を迎えた売上高5億円以上かつ当期純利益1億円以上(単体の業績)の上場・未上場企業(12カ月決算のみを対象とし、変則決算は除く)。直近3期が黒字で、6月30日までに東京商工リサーチが該当期の調査を終えた会社を対象としている

【 作成方法 】直近3期の平均増益率を、地域内での比較ができるように6地区別にランキングした。売上高、当期純利益、自己資本比率は直近決算の数値。所在地は実質的な本社の所在地。―はデータなし