外資系から異業種までホテル参入が相次ぐ中で、老舗「御三家」も変化を見せ始めた。

御三家とは帝国ホテル、ホテルオークラ、ニュー・オータニの3社。それぞれ都内に旗艦の帝国ホテル東京(日比谷)、ホテルオークラ東京(虎ノ門)、ホテルニューオータニ(紀尾井町)を持つ。

大きなチャレンジに踏み出すのがオークラだ。東京の本館を建て替え、2019年9月上旬から営業する。新本館は2棟建てで、41階建て複合商業ビルの上層に海外で展開中の「オークラプレステージ」368室を、17階建てビルに新ブランド「オークラヘリテージ」140室を設ける。計508室と、建て替え前の旧本館の408室から増加させる。

JALホテルズを買収。2020年に国内外で100軒体制が目標。建て替え中のホテルオークラ東京本館(写真下、撮影:梅谷秀司)は19年秋開業。最上階のスイートは日本最大の720㎡に

オークラは10年に日本航空からJALホテルズを買収、国内外で出店を加速している。荻田敏宏社長は、「東京はラグジュアリーに集中する」と語り、新ホテルをショーケースとして、20年に100ホテル(現在73)の目標達成に向け拍車をかけたい考えだ。

「奥行きより間口を広く取り、窓を大きくして開放感を持たせた」(池田正己・ホテルオークラ東京社長)など、快適性を増しているが、注目は宿泊料金。平均客室単価(ADR)はプレステージ(標準客室面積50平方メートル)4.5万円、ヘリテージ(同60平方メートル)7万円と高く、都内の外資系ラグジュアリーホテルに匹敵する。

ホテルニューオータニは都内最大級。敷地内に広大な日本庭園を持ち、ナイト営業のプールが”インスタ女子”に大人気

外資ラグジュアリーに勝てない平均客室単価