hotel koé tokyo
ストライプインターナショナル|2018年2月開業

流行などへの感度の高い若者が集う東京・渋谷。建て替え中のファッションビル・パルコの正面にひときわ目立つガラス張りの建物がある。その1~3階に入るのが、アパレル大手・ストライプインターナショナルが今年2月に開業した「hotel koé tokyo(ホテル コエ トーキョー)」だ。

客室は3階で、1階にはレストランやイベントスペース、2階にアパレルショップも入居する。「渋谷の街と融合した施設にしたい」という思いから、ガラス張りの外観にした

1階にレストラン、2階に同社のアパレルブランド「koé」の洋服や雑貨などを扱う店舗が入り、3階が客室となっている。アパレルショップに泊まるような新しい感覚の空間を創り出すため、開業に当たり、設計やデザインをはじめ各分野で活躍する若手クリエーターを集めたチームを編成した。

ホテル出店はブランド認知度を高めるための新しい方法だ。同社は2014年に世界展開を見据えた新ブランドのkoéを立ち上げた。ホテル コエは、同ブランドを海外にも広めていくためのグローバル旗艦店という位置づけだ。

客室は10室と小規模だが、1階では金曜と土曜に音楽イベントを開催し、宿泊客に限らず多くの人を集める仕掛けを用意する。「ホテルを一つのエッセンスに、複合施設全体としてのブランド発信を目指したい」(ストライプインターナショナルkoé事業部の篠永奈緒美クリエイティブディレクター)。

©Kenta Hasegawa

ここ数年、ストライプのように異業種がホテル業に参入する例が増えている。ブランドの宣伝効果を狙ったり新たな収益柱を目指したりと、ホテル進出に込める思惑は各者各様。共通するのは、斬新な空間設計で従来とは異なるホテルのスタイルを構築している点だ。

土地や建物は所有せず、初期コストを抑えて早期の投資回収を図るビジネスモデルが一般的。ホテル コエも、不動産会社ヒューリック所有の建物にテナントとして入居している。

TRUNK(HOTEL)
テイクアンドギヴ・ニーズ|2017年5月開業

婚礼大手が高級ホテル 稼働率は90%超え

原宿駅から徒歩約10分の閑静な場所にあるのは、全国に結婚式場を展開するテイクアンドギヴ・ニーズ(T&G)の「TRUNK(HOTEL)」だ。

原宿・神宮前という都心にありながら緑豊かな空間が広がる。婚礼大手が手掛けるだけに、結婚式を挙げられるチャペルを完備(撮影:尾形文繁)

平均客室単価約6万円と高いが、昨年5月の開業以降、稼働率は90%超という人気ぶり。宿泊客の8割以上を占める外国人からの注目度の高さが特徴だ。館内のデザインには古材や廃材を多用し、サービスはマニュアル化していないなど、独創性とこだわりが目立つ。

一軒家で結婚式を挙げる「ハウスウエディング」を世に広め、業界に革命を起こした同社だが、少子高齢化で国内ウエディング市場が縮小傾向にあることも事実。

今後10年で、海外で注目を集めているブティックホテルを国内に10軒出す目標を掲げる。ブティックホテルは、独自コンセプトや細部にこだわったデザインなどを特徴とする高付加価値ホテルのことを指す。

客室やラウンジもゆったりとした造りが特徴的(撮影:大澤 誠)

27年度にはグループ売上高1000億円(計画)のうちホテル事業で売上高300億~400億円を稼ぎ出し、ウエディングに次ぐ収益柱に育てることをもくろむ。

MUJI HOTEL
良品計画|2019年春開業予定

都心の一等地・銀座に来春誕生するのが「MUJI HOTEL」だ。運営は小田急電鉄グループが担うが、コンセプト作りやデザイン監修は無印良品を展開する良品計画が手掛ける。グローバル旗艦店として、建物内には大型店舗と飲食店も併設する。