就職活動で女子学生を中心にホテル業に関心がある人は一定数いるが…(撮影:大澤 誠)

都内の中堅私大に通う大学4年生の小平圭子さん(仮名)は、この4月に大手ビジネスホテルチェーンから内定を得た。就職活動では接客ができる旅行業やホテル業を志望していた。

彼女が就職活動を通して感じたのは、「宿泊特化型ホテルを展開する企業が、かなり積極的に採用活動をしていた」ということだ。

外国人旅行客(インバウンド)の増加を背景にホテルの開発ラッシュが続き、それに合わせて求人数も増えている。

パーソルキャリアが運営する転職サービス「DODA」によると、ホテル関連の求人がここ数年で急増しているという。同サービス内に寄せられたホテル会社からの求人数は2014年までは07年比1〜2倍前後で推移していたが、15年は同年比5.6倍、17年は同8.1倍にまで達した。

DODAの大浦征也編集長は、「急増する前までホテル各社は、自社のホームページやハローワークなどで求人を出して採用していたが、人が集まりにくくなったため、募集広告や人材紹介など、おカネを使った募集を行うようになった」と話す。

中途採用だけでなく、新卒採用の現場も同様の状況だ。ある大手ホテルの人事担当者は、「同業他社の人事担当と話をしていても、採用は厳しいという話ばかり」とため息をつく。