井上ひさし氏の表現法の特徴は、母語としての日本語能力が死活的に重要であるという認識に立っていることだ。ここで重要なのは、母語と母国語が異なる概念であるということだ。〈母語について確認しておきましょうね。母国語と母語は、まったく質が違います。/私たち人間の脳は、生まれてから三年ぐらいの間にどんどん発達していきます。生まれた時の脳はだいたい三五○グラムで、成人、二十歳ぐらいでは一四○○グラムぐらいになります。ちょうど四倍ですね。四倍にもなるのに、なぜ頭蓋骨がバーンと破裂しないのかというと、脳はあらかじめ折りたたまれていて、泉門(せんもん)という隙間がちゃんとある。そこが発達していくから大丈夫なんです。/そんなふうにして脳がどんどん育っていくときに、お母さんや愛情をもって世話をしてくれる人たちから聞いた言葉、それが母語です。/赤ん坊の脳はまっさらで、すべてを受け入れる用意がしてあります。ですから、日本で生まれても、まだ脳が発達していない前にアメリカに行って、アメリカ人に育てられると、アメリカ英語がその子の母語になります。赤ちゃんは、自分を一番愛してくれる人の言葉を吸い取って、学びながら、粘土みたいな脳を、細工していくわけです。〉(井上ひさし『日本語教室』新潮新書、2011年、18ページ)